<生きやすくなる禅の教え>常識の無い後輩に注意しても無反応でむかつく。

      2017/08/08

にほんブログ村



 

注意をしても何も反応が無い。自分の意見を言わないので何を考えているのかわからない。少し厳しくするとやめてします。

どの職場でも若い世代の人たちとの関係作りには苦労しているようです。

 

 

相手の目線で物事を進める。

 

「私たちの時代はこうだった」「社会人だったらこうするべきだ」そんなこだわりにとらわれ、「仕事とはそういうものだ」「うちのルールはこうだから」と頭ごなしに叱ったのでは彼らにうまく伝わらないでしょう。

育った時代、環境、受けた教育によって物事の捉え方は180度変わります。

価値観や捉え方が違うからこそ、コミュニケーション力を磨くチャンスだと捉え、手間はかかっても、噛んで含めるように言い聞かせることも必要な時代なのかもしれません。

 

 

「こうえるべき」にとらわれない。

 

 

十人十色というように、誰もがその人にしかない色を持っています。相手を批判したり判断したりするのではなく、その人が輝けるようにサポートすることも必要です。

っ叱ったり間違いを指摘するだけでなく、のばすべきところに目をむけ、どんどん褒めてあげましょう。

相手の態度は目に見えて変わっていくでしょう。

お互いの関係もよくなり、あなたの部下からの信頼も深くなることでしょう。

 

 

 - 生きやすくなる禅の教え , , ,