映画「人生フルーツ」から学ぶ、”生命の循環”と”人間らしさ”

   

にほんブログ村

 じわじわと話題になっているドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を観てきました。個人的に、いま、見るべくして見た映画だったと感じます。何度も観たいのでDVD発売予定などを調べてみますと、なんと!
DVD化の予定がない!!!
今のところは。と製作側ではおっしゃっていましたので、DVD化を願う声が多ければ実現すると言うことでしょうか?たくさんの人に見てもらって、たくさんの「何度でも観返したい」という声を集めて、満を持してのDVD化を狙って、微力ながら私も感想など拡散してみようかと思います。

 

 

あらすじ

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

 かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
  本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
 

 

ふたりのこと

 ★夫 津端修一さん(90)
1925年1月3日生まれ。東京大学を卒業後、建築設計事務所を経て、日本住宅公団へ。数々の都市計画を手がける。広島大学教授などを歴任し、自由時間評論家として活動。
★妻 津端英子さん(87)
1928年1月18日生まれ。愛知県半田市の老舗の造り酒屋で育つ。27歳で修一さんと結婚し、娘2人を育てる。畑、料理、編み物、機織りなど、手間ひまかけた手仕事が大好き。

テーマ

風が吹けば 枯葉が落ちる
枯葉が落ちれば 土が肥える
土が肥えれば 果実が実る
こつこつ、ゆっくり
人生、フルーツ
 この世の”生命の”が大きな大きなメインテーマとして根底にある気がします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あしたも、こはるびより。 [ 津端英子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)

 

感想

 

60年連れ添ったご夫婦のリアルな生活を写したドキュメンタリー。それはとても質素で勤勉で温かで豊かだった。

言葉は少ないが互いが互いの存在をとても大切にしていて尊重していることが伺える。”やりたいことばかりやっている夫に、尽くす妻”と見る人もいるかもしれない。けれど、妻は決して自分が犠牲になっているなんて思っていない。「主人には、きちっとした物を着せ、きちっとした物を食べさせる。そうして旦那がよくなれば、巡り巡って自分もよくなる。」が信条。その成果か、「あれこれやってみたい」って言うと(夫は)「それはいいことだからやってみなさい」って言ってくれるのよ。と妻は笑います。ちゃんと自分がやりたいこともやっています。とはいえ、機織りや刺繍などの手仕事なので決して遊んでいるわけはないのですけどね。

妻は「死」について時々考えると言います。「そんなこと考えても仕方ない」と話す夫に、妻は「私が先に死んで夫が一人になったらどうしよう」と続けます。無償の愛の境地です。そしてそんな妻のことを夫は「僕にとって最高のガールフレンド」と呼びます。互いを思いやる気持ちは一方通口ではありえないのです。

雑木林を作りたいという夫の夢に寄り添って、二人はその雑木林で育てた70種類の野菜と、50種の果実を作り、限りなく自給自足に近い状況で暮らしています。夫は「なんでも自分でやってみると見えてくるものがあるんだ。できるものから、小さくコツコツ ときをためてゆっくり。」と語ります。妻も「お金は残せないけど土が残る。」と語ります。コツコツと二人で作った豊かな土が何よりの財産だと知っているのです。二人は同じ夢を見ていたのです。そんな二人の関係もとても美しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひでこさんのたからもの。 [ 津端英子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)

 

ある日、畑仕事の後に昼寝をしたまま、夫は突然旅立ちます。妻は、夫をねぎらい、一人で頑張って生きることを告げ、さらに寂しいかもしれないけどあの世で待っていてと遺体をさすります。懸命に涙をこらえている世でもあり、夫をひとり残して自分が先に死ななかったことが誇らしげでもあります。なんて美しい夫婦愛でしょう。

夫がいなくなってからも妻は夫の分のご飯も作り、いままでと同じ暮らしを続けます。「いままでなんでも夫の手動できたから、自分の好きなように出来るようになったら、悲しいというより、なんだかむなしいの」と少し元気がなさそうにも見えますが、それもつかの間、「いままでは夫がやってたから私はやったことないの」と笑いながら障子の張替をします。夫の言葉どおり、なんでも自分で、こつこつ、ゆっくり。人生もフルーツと同じで一朝一夕では育たないのです。

こんな生き方が本当に出来るんだなって涙がこぼれます。
二人で寄り添って暮らしてきたけれど、二人は互いに依存心などありません。互いがなくなったら生きていけないなんて弱音は吐かないのです。
人は一人で生まれ、一人で死ぬ。そんな自然の摂理に二人はスローライフをおくる中でごく自然に到達していたのでしょう。そんな二人にとって、もはや生も死も恐れるものではないのです。きっと妻はこれからもコツコツと生きるのです。

 

 

 

人間らしい生き方とは

 

(物理的な意味でなく)自分の足で立つ、ということ。

 

この映画を見て、人間らしい生き方がしたいと思ったのは私だけではないでしょう。誰かにしあわせにしてもらおうとか、あれこれやってもらおうと考えると、いつだって誰かに依存して、うまくいかないことは誰かのせいにしてしまいます。自分で生きる強さがあって初めて、誰かを幸せにできるし、巡り巡って自分も幸せになれるんだと二人が教えてくれた気がします。

自分の足で立つ、それは決して孤独に生きるという意味ではありません。

自分の責任で生きるということ。

 

 

夫婦とは

 

 

今でこそとてもいい距離感ですが、この二人だって最初からこうだったわけではないでしょう。結婚してからの60年があってこその距離感なんです。

40年前にこのニュータウンの土地を買っていなかったらどうでしょう?これもまた違った距離感の夫婦になっていたかもしれません。多少は。

互いを「英子さん」「修たん」と呼び合い、結婚して65年たったいまも互いに丁寧語で話す二人。交わす言葉は少ないけれど感謝の言葉や笑顔は欠かしません。馴れ合いすぎない距離感というか、人と人としての付き合い方を継続しているからこそ、程よい距離感を保って仲良くしていられるのでしょう。

「金よりヒト」という修一さんは、いばり散したり、自分の考えを横柄に押しつけたりは絶対にしないでしょうし、英子さんは夫がどんなに無謀なことを言い出しても絶対に否定しません。わが身を思うと恥ずかしくなりますが、これも大事な要素です。

たまごが先か、ニワトリが先か、という話ではありませんが、それぞれが自分の足で立ち、お互いに尊重し合えればどちらともなく思い合えるのかも知れません。そして、昨日今日出会った相手といきなりそんな距離感になれるはずもありません。

私は結婚していませんが、二人の関係に憧れはあるけれど、自分は英子さんの対極にいると感じました(汗)それに、修一さんのように寡黙で勤勉で信念の強い賢い男性も周囲には見当たりません。無理じゃん・・・と思ってしまいがちですが、そこはやはり「こつこつ ゆっくり 人生フルーツ」です。あきらめるのはまだ早い!いつか二人のようになりたいという理想があれば、少しずつでも理想にちかづけるのだと思います。

 

 

 

まとめ

 

40年あれば更地に雑木林ができることを二人が証明してくれました。。それはつまり40年あれば二人のような絆を作ることができるということです。平均寿命が80を超える現代で、40年はまだ折り返し地点です。大半の人が、まだまだ生き方を変えられる、いつだってやり直せるということです。

そして、誰かに必要とされることで、人は幸せになれるのかもしれません。必要とされる人になること、これがしあわせへの近道であり、人間らしく生きることで生も死も全うできるのかも。そんな風に感じました。

私も人間らしく生きたい。二人のようにストイックには出来ませんが、できることは、こつこつと。

 

たくさんの人に見てもらって、たくさんの人が幸せになって欲しいと願わずにはいられない。とてもいい映画でした。是非DVD化して欲しい。何度でも観たい。
ひでこさんのたからもの。 [ 津端英子 ]

あしたも、こはるびより。 [ 津端英子 ]

ききがたりときをためる暮らし [ 津端英子 ]

ふたりからひとり [ 津端英子 ]

 

 - 映画 , , ,